読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

molog

VJをする類人猿がVJやそれらの周辺に関する雑感を文章化するブログ

VDMX5 b8.5.0.4 読み込めるファイル読み込めないファイル

VDMX5の最新アップデート b8.5.0.4にしてから初めての現場。いざ64bit版のアプリで今までのセッティングデータを開いてみるとサムネイルの現れない素材がちらほら。
ファイルに名前を付けてはいるがどんなものだかわからずサムネイル無しのQuickTimeアイコンを選択するとアプリごと強制終了してしまう。これは困ったと、消去せずにおいた32bit版(前のバージョン)で立ち上げてみると何の問題もなく全ての素材のサムネイルが表示され問題なく使用出来る。

というわけで64bit版のアプリでサムネイルの表示されない素材のコーデックを調べてみると

  • アニメーション(アルファ付き)
  • Cinepack
  • PNG(アルファ付き)
  • Photo-Jpeg
  • Hap

となっているようで。 リストの上二つは規格的に古いものなので64bit版では切られてもおかしくないが、下二つに関しては使用出来るコーデックのはずで、読み込めている素材もあることから個別のデータエラーのようなものなのかな、と。真ん中のPNG(アルファ付き)は静止画だと問題なさそうなので動画だけなのか?

そもそもこれがアプリの仕様なのか、個々の環境に起因するものかはよくわからないのでもう一度リリースノートを読む、という基本的なところに戻るのですが、手持ちの素材に他のレガシーコーデック(Sorenson3等)はたまたま無かったけど素材の刷新も含めてCinepack320x240みたいなMotionDive時代の生き残りみたいな素材もいいかげん引退の時が来たということでしょうか。

ついでにModul8の2.9にしたところ素材のサムネイルが他の素材のものと入れ替わる事態になっていますが、これはまだなんの検証もしていないのでよくわかりません。

-追記・2015.11.19- modul8は動画素材を一旦削除し再度読み込み直してからはサムネイルがダブる事象は起こらず
以前読み込んでいたキャッシュか何かが悪さしていたのかな、とも思うが原因は特定出来ず