読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

molog

VJをする類人猿がVJやそれらの周辺に関する雑感を文章化するブログ

ループ素材のプチフリーズ問題

最近VJ中に起きているちょっとした悩みにループ素材のプチフリーズ問題がある。

前回更新時のVDMX5を64bit版にアップデートした際に主にレガシーコーデックの映像素材が読み込めない問題があったが、
おそらくこのプチフリーズも64bit版にアップデートしてからではないか、という気がしている。

気がしているだけでこれまた未検証なのではっきりした原因はわからない前提で話を進めると、先日3840×720(素材によっては2560×480)というサイズの映像を順に出していたところループ素材のループポイントで一瞬引っかかるものが有りコーデックを調べるとPhoto-Jpegのものだった。同じものをHAP形式で書き出すとループポイントはスムーズに再生できた事からもコーデックの設定部分がいままでの32bit版に比べるといくらかシビアになっているのかマシンパワーを以前より必要としているのかもしれない。

Photo-Jpeg自体は推奨コーデックの1つだけれども書き出した際の設定には少し注意が必要かもしれない。と、いうのもループで引っかかる素材は書き出しの際にクオリティーは99に設定していたからで、HAPプロジェクト?のGitHubからダウンロード出来るAVF Batch Converter.appのデフォルト設定をみるとPhoto-Jpegの書き出しクオリティーは76%になっている(HAPのクオリティー設定も76%)ことからも画像圧縮とデータのレスポンスを考えるとバランスのとれたクオリティー設定の落とし所が76%になるのだろう。使用しているマシンがSSDに換装しているとはいえ2012モデルである事を考えると動画の圧縮率(クオリティー)のバランスも少し考えていかなければいけないのかもしれない。